塾講師は資格が必要か

教員免許が、生徒を学校の教師として指導する場合には必要になります。
しかしながら、塾講師の場合はこのような資格がなくても仕事をすることができます。
そのため、塾講師を目指す場合にも教育実習が必要になることはありません。
このようなことにおいては、比較的簡単に塾講師になることができるということも事実でしょう。

しかしながら、生徒を指導するため、やはり基礎学力をマスターしておかなければ仕事をすることはできません。
そのため、最近では塾講師に対して大手の塾などではオリジナルの試験を行って、塾講師の力量を判断している場合もあります。
厳しい塾の場合には、このような試験に受からないと指導することができない、つまり塾講師として仕事ができない場合もあります。
今後、社会的に塾の存在価値が上がるに従って、塾講師に対する目も間違いなく厳しくなるでしょう。
そのため、今までのように無資格・無試験でなることができるというような考え方はしない方がいいかも知れません。

一方、勉強を生徒に教える塾講師の場合に、必要なのは基礎学力です。
教える科目の内容を十分に理解しておく必要があります。
また、塾講師は単に勉強が昔できたということでも務まりません。
知識がまだ習得できていないような生徒に対して、理解しやすいように説明しながら教えていくには、基礎的な学習内容の理解が大切です。
本サイトでは、一切資格は必要ない、どんな資格が必要か、集団講師がいい、についてご紹介します。